KOMODO

55点

新年2回目の更新はモンスター映画!!!!!
モンスター映画好きの友人からおすすめされていた今作。
BOOK OFFで1,150円と(市場価格に比べると)格安だったので、思わず購入しました。
写真
このジャケとロゴ!クール!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
フロリダ沖に浮かぶ島で、ひと夏の休暇を過ごしていた家族が何者かに襲われた。唯一の生存者である15歳の少年パトリックがショックで塞ぎ込んでいるため事件の真相は謎に包まれたまま。女精神科医ヴィクトリアは、彼のトラウマを解放すべく、あえて島へと帰還する。その島はすでに無人島と化していたが、一行が惨劇の起きた家に着いた夜、巨大なトカゲが彼らの前に現れた。それは突然変異を起こしたコモドドラゴンの群れだった!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2chに「昔懐かしの【モンスターパニック】映画を語れ」という素敵なスレがたっているほど、人気のモンスターパニック!人気の!モンスターパニック!
ちなみにそのスレには、おなじみの

〔1〕【太古の叫び】
ロスト・ワールド キング・コング 原始怪獣ドラゴドン 死のカマキリ 黒い蠍 冷凍凶獣の惨殺 恐竜の島 シュロック 空の大怪獣Q
〔2〕【宇宙生命体との遭遇】
遊星よりの物体Ⅹ 宇宙戦争 恐怖の火星探検 原子人間 人類SOS 悪魔の受胎 エイリアンドローム ギャラクシー・オブ・テラー デッドリースポーン
〔3〕【ファンタジーの扉】
巨人ゴーレム 倫敦の人狼 大アマゾンの半魚人 シンドバッド三部作 もぐら人間 アルゴ探検隊の大冒険 妖女ゴーゴン
〔4〕【突然変異の恐怖】
放射能Ⅹ 原子怪獣と裸女 悪魔の赤ちゃん モンスターパニック 血に飢えた白い砂浜 巨大生物の島 巨大蟻の帝国 ザ・ピット ビーイング チャド
〔5〕【科学の誤用】
フランケンシュタイン 透明人間 ハエ男の恐怖 4Dマン 恐怖のワニ人間 悪魔の植物人間 バイオ・スケアード ザ・フライ ブロブ/宇宙からの不明物体 リバイアサン
〔6〕【自然の脅威】
黒い絨毯 鳥 吸血の群れ 燃える昆虫軍団 ジョーズ ドッグ グリズリー スクワーム オルカ テンタクルズ キラー・ビー アリゲーター ラッツ アナコンダなど

という分類が記されていました。
『コモド』は〔6〕にあてはまるタイプのモンスターパニック。

話の流れは
——
家族旅行で島の別荘を訪れる幸せそうな一家。

好奇心の赴くままに島を散策していた息子パトリック、草むらで何かに襲われる。
なんとかその場はしのぎ、別荘内へ。しかし、飼っていた犬が襲われてしまう。
続いて両親も、その何者かによって、殺されてしまう。

数日後。パトリックは両親・犬を失ったことによりPTSDに。
彼の治療の糸口を探るため、パトリックは医師、そして残された唯一の身内である祖母とともに再度島に赴く。

拒否反応もなく1日を過ごし、床についていた3人だったが、その夜パトリックの祖母であるアニーがコモドに襲われて、死亡。

その頃、島の石油採掘場を管理している男たちも同じ島内に。島に自分たち以外の人間がいることを知った彼ら、上司から殺害するよう命令をうける。(コモドが島にいることが世間にばれてしまうと)

車ひとつなんとかコモドの大群から逃げさる。

石油採掘上の人間とパトリックたちが遭遇。石油採掘上の上司から脅されるも、とりあえず対コモドで結託することに。

パトリック、コモドの心臓を抜き取り、ひとり失踪。その間も大人たちはコモドと拮抗し、そこに残されたのは2人の大人。石油採掘上の人間と医師の女、それぞれの出自と島に来た理由を喋りあい、いい感じになる。そして、2人でパトリックを探しに向かう。

ひとりコモドを殺しまくっていた少年を発見、医師は対話を試みる。両親の死は自身の責任じゃないことを諭し説く。

コモドとのラストバトルを終えた彼らのもとに救助要請をしていた石油採掘会社のヘリが到着。男、それを奪い取り、3人で島を脱出。

対岸の町に辿り着いた3人、警察官に大丈夫かと問われ「最高の気分」とパトリックが答える。
——
というもので、まあいかにもな感じのモンスターパニックですよ。
物語の筋ももちろん大切だけど、それよりもいかにして人間とモンスターが争いあうかが観たい!という人でなければおすすめはできない感じ・・・

サメよりも素早く・・・ヘビよりも執念深く・・・ワニよりも醜悪・・・そして恐竜よりも獰猛な・・・
ハリウッドのスペシャリストが集結した驚異のモンスター・パニック上陸!
奴らは群れで喰いまくる!

というのが、2000年公開時の宣伝文句ですからね。
アミューズ配給にも関わらず、この宣伝文句。ポスターのデザインも含め、なんともモンスター映画らしい。
 
 
よかったところ
○男の子の顔つきの変化
troma_00032
冒頭はこんな感じで
troma_00031
ラストシーンではこの顔つき
これだけで少年の成長を示すとはクール!
役者の力ってこういうことを指すんでしょうね!
ちなみにこの少年は後年リメイク版『ドーンオブザデッド』でショッピングモールに篭城していた警備員として登場してます。

○コモドに立ち向かう美しき女性
troma_00015
troma_00026
このブログで何度も書いておりますが、とにかく私はなにかに立ち向かう女性というものが大好きなのですよ!
それがあるだけで映画の魅力も5割増し。

よくなかったところ
×終始画面が暗いtroma_00035
troma_00018
こういう映画はモンスターがいかに暴れ、その猛威をふるうのかってポイントで間違いない。(理不尽な大前提ですかね
パシフィックリムでも抱いた不満なんですけど、画面が暗いと「もっとしっかり見たいよー」って気持ちになりますな・・・
 
 
モンスターパニック映画というと『キングコング』のゴリラから始まって、『キラー・アンツ』のアリ、『グリズリー・レイジ』のクマ、『ブラッダ』のゴキブリ、『アナコンダ』のヘビ、『未確認生命体 ザ・フロッグ』のカエル、『巨大毒蟲の館』のカマキリ、カブトムシ、クワガタ、サソリ、、、と掃いて捨てるほど星の数ほど作られていますが、今回のモンスターは
・初めて発見した人は「うっわーこの島 恐竜が生きてるぅぅぅぅぅぅぅ!」と大パニックになった
・「狙った獲物は絶対に逃さない」魅惑の戦闘スタイル
・コモドオオトカゲの攻撃をくらった獲物は確実に絶命する
・コモドオオトカゲの毒は非常に強力で、世界でも有数の毒ヘビとして知られる「ナイリクタイパン」にも劣らない
という ずるい、強い、でかいの三拍子そろったかっこいい動物“コモドオオトカゲ”。
にも関わらず、モンスターの強さがはっきりと明示されないのは残念でした。
Komodo_Dragons_04
実際に目撃したら怖いだろうな・・・

ちなみに、モンスターパニックにありがちなビッチ感のあるセクシー美女の登場は皆無です!ご注意を!


石油採掘工場の影響でエサがなくなり、人間を喰らうようになった。という設定でなんとなく思い出したので最後に貼っておきますね。名曲。

広告