映画関連ニュース 12/18〜12/27

一週間の映画関連ニュースを4本まとめる記事を毎週水曜日更新で書いていこうと心がけていたのですが、年末進行の仕事で更新が遅くなってしまいました。
(まあそんな奇特な人はいないでしょうけど)お待たせいたしました!!!
はい、今回は12/18〜12/27のニュース!!!

『ザ・レイド GOKUDO』の全米公開日が決定!上映時間は138分!


ギャレス・エヴァンス監督のバイオレンス・アクション第二弾『ザ・レイド GOKUDO』(原題『The Raid 2 Berandal』)の公開日がアナウンスされた。待望のこの続編は2014年3月28日に全米公開となる。
 1月に開催されるサンダンス映画祭でプレミア上映される本作だが、上映時間はなんと138分!(ちなみに一作目は101分)。2012年3月23日に全米公開された『ザ・レイド』は、限定公開ながら興行収入410万ドル、最高位11位のスマッシュヒットを記録した。
 前作同様イコ・ウワイスが主演を務めるこの続編には、謎の女キャラクター、ハンマーガール(=トンカチ女)役で、インドネシア人女優のジュリー・エステル(『マカブル 永遠の血族』)が、さらにマーシャ・ティモシー(『The Forbidden Door』)、マティアス・ムチュス、ティオ・パクサデオ、そしてシラットのエキスパート、セセップ・アリフ・ラマンも出演。日本からは、松田龍平、遠藤憲一、北村一輝の三人が参戦している。
 トリロジー(三部作)を予定しているというこの『ザ・レイド』シリーズだが、この続編は一作目の2時間後から話が始まるという。主人公ラマは自分の家族を守るべく、無慈悲なジャカルタの犯罪シンジケートに潜入捜査するが……というストーリー。日本でも角川配給で2014年公開となっている。
(引用元 http://blog.livedoor.jp/news_rumor/archives/7014726.html)

この上映時間の長さは・・・
一作目の魅力はタイト&コンパクト&ミニマル!それでアクションをどかんと見せるところに、全ての人はbig up!だったわけですから!
不安が募りますな・・・
 
 
 
リメイク版「ロボコップ」の新しいプロモーション・アート

RoboCop-Promo_Image-001 (1)
RoboCop-Promo_Image-001
RoboCop-Promo_Image-002
RoboCop-Promo_Image-003
RoboCop-Promo_Image-004
製作・配給のソニー・ピクチャーズが、映画の公式 Twitter でリリースしたリメイク版「ロボコップ」のプロモーションの新しいイメージ・アートです…!!、続きを読むのあとで、さらに4点をご覧ください…!!
(引用元 http://cia-film.blogspot.jp/2013/12/movie-news-tidbits-part3-vsand-more.html)

うってかわって、ロボコップは全く的をはずしていない!かっこいいぜ!
 
 
 
年越しゴダール『映画史』『映画史特別編 選ばれた瞬間』『ゴダール・ソシアリスム』

a0194268_16161311
年末年始にスクリーンでゴダールを堪能する。
■上映スケジュール
12月28日(土)15:30 『映画史(全8章)』一挙上映(約4時間半+休憩2回 20:30終映予定)
12月29日(日)15:30 『映画史』前半(1A/1B/2A/2B 約2時間半)/19:00 『映画史特別編選ばれた瞬間』(-20:25)
12月30日(月)15:10『映画史』後半(3A/3B/4A/4B 約2時間)/17:30 『映画史特別編 選ばれた瞬間』/19:10『ゴダール・ソシアリスム』(-20:55)
12月31日(火)休館
1月1日(水)休館
1月2日(木)15:10 『ゴダール・ソシアリスム』/17:20 『映画史特別編 選ばれた瞬間』/19:00『ゴダール・ソシアリスム』(-20:45)
1月3日(金)15:30『映画史(全8章)』一挙上映(約4時間半+休憩2回 20:30終映予定)
■ 料金
当日券のみ
一般=1200円/学生・シニア=1000円
※『映画史』一挙上映通し券(12月28日、1月3日)=一般2200円/学生・シニア2000円
各回入替/整理番号制/自由席
(引用元 http://a-shibuya.jp/archives/8532)

『ゴダールの映画史』がスクリーンで観ることができる!素晴らしい!
ゴダール的方法のトークイベントに行きまくっていた程度には、ゴダールのことは好きなので、確実に足を運びます!
『ゴダールの映画史』は、ゴダールらしさ(頭のキレがいいおっさんが放る親父ギャグ)が全面にほとばしっているところが最高!
 
 
 
ロイド・カウフマンが日本にきたよ!

troma-lloyd-09
『ファーザーズ・デイ 野獣のはらわた (2011)』のプレミア!そして、さらに、トロマ製作のインディーズ映画『ヘヴィメタル・ミュージカル』主催のファン交流イベントのため、ロイド・カウフマンがきれいなきれいな奥さんのパットさんといっしょに東京にくるというので、私はどうしても会いにいきたかったんだが、諸般の事情により(東京に住んでないもんで)、予定を空けられず、あー、と思いつつ、しかしながら、なにか記念になることをやらねばと考え、いつもtwitterでうだうだとトロマのことをしゃべっているアンちゃんのブレンダン(@TricoBren)に「なんか書いて!」といったら、すばらしい原稿を書いてくれて、写真や動画も送ってくれたのでここに公開をするのであります。
本エントリの書き手はいつもの私でなく、ブレンダンです。彼が憧れのロイドさんに会えた顛末を綴った話。おもしろいから読もう。
ロイドさんもブレンダンもありがとう!・・・・
(引用元 http://curse.jp/news/20131225103228.html)

記事はまだまだ続くのですが、
TwitterでもRTしましたが、愛にあふれた素晴らしい記事なので是非これは読んでいただきたい!ブレンダン、会ったこともないけど、ナイスガイ!そして、カウフマン、最高のジェントルマン!
 
 
年末年始は実家(広島)に帰省。
広島の映画館は、超高級シートをつかっているサロンシネマや、畳席まである和モダン映画館八丁座、そして「TRASH UP!」でもおなじみ横川シネマと、地方にしては半端じゃない個性の映画館が結集しているので、映画館紹介とかもブログで書けたらなあ、と思っています。
そして、あちこちで目にする『今年のベスト◎◎』!これも恥じらい無くのっかっていきます!

広告