映画関連ニュースもろもろ12/4〜12/11

クレイジー・バイオレンス・アクション映画の続編「ザ・レイド2: ベランダル」の新しい写真

1
来月の新年2014年1月16日から26日かけて開催のサンダンス・フィルム・フェスティバルで、プレミア上映を行うことが決定したクレイジー・バイオレンス・アクション映画の続編「ザ・レイド2: ベランダル」が、その告知としてリリースした新しい写真です…!!、「ザ・レイド」シリーズと同じくインドネシア発の「マカブル」(2009年)など、ホラー系の映画で活躍しているジュリー・エスティールが起用された金づち女のハンマーガールの過激アクションもチラと一瞬、かいま見える「ザ・レイド2: ベランダル」の予告編はこちらです…!!(引用元 http://cia-film.blogspot.jp/2013/11/the-raid-2-2.html)

ザ・レイドの続編!何度も書いてますが、とにかくアクション要素のボリュームだけは減らさないでくださいね・・・・!!!!!

映画抜きの人生なんてインポッシブル!!、2013年公開の映画の世界を約8分半で見事にまとめあげたラップアップ・ビデオ “ Final Cut 2013 ” で、今年の映画たちを今一度、振りかえってください!!


ジョー・ゴードン=レヴィットが初監督に挑んだ主演作のドラメディ映画「ドン・ジョン」で、スカージョが演じたヒロインのバーバラも映画なしでは生きられないような人物でしたが、“Life Without Movies Is Impossible”=映画抜きの人生なんてインポッシブル!!をテーマに、映画サイト JoBlo のエディター、ニック・ボスワースが大変に巧みな編集で、今年2013年に公開された映画の数々をまとめ上げてくれたイヤーエンドのラップアップ・ビデオ “ Final Cut 2013 ” を、やっぱり、映画抜きの人生なんて、あり得ないはずのCIAリーダーのみなさんも当然、お楽しみください…!!(引用元 http://cia-film.blogspot.jp/2013/12/final-cut-2013-20138-final-cut-2013.html)

1分10秒あたりの「Do you like movies?」からブチあがりますね!
バックミュージックも今っぽくて最高。こりゃしょうもない映画観るより楽しいですねー
あーっと、4分40秒あたりから始まるホラースプラッタ連打も見逃せない!
サプライズ!武器人間!キャリー!死霊館!

『GODZILLA』トレイラーとポスター解禁!


ギャレス・エドワーズ(『モンスターズ/地球外生命体』)がメガホンを取った、『GODZILLA』リブート版のトレイラーと最新ポスターが解禁になった。
キャストは、アーロン・テイラー=ジョンソン、エリザベス・オルセン、ブライアン・クランストン、ジュリエット・ビノシュ、デヴィッド・ストラザーン、渡辺謙、サリー・ホーキンス。ストーリーはまだベールに包まれたままだが、ポスト9.11な戦争映画とディザスター怪獣ムービーの様相を呈しており、期待が高まる。全米で2014年5月16日に3Dで公開。日本では東宝配給で同年夏公開。(引用元 http://blog.livedoor.jp/news_rumor/archives/6993952.html)

肝心のゴジラの姿はほとんど見えないですね・・・
前のハリウッドゴジラよりも酷くなるはずは無いだろうし、愛するジュリエットビノシュ女史も出ているので、期待をふくらませて続報を待ちますよ・・・

ジュリエット・ビノシュ、チリ鉱山事故映画化でA・バンデラスと共演

binoche_large
2010年8月にチリのサンホセ鉱山で起きた落盤事故を映画化する「The 33(原題)」に、ジュリエット・ビノシュの出演が決定したと米Deadlineが報じた。
坑道の崩落により33人の男性作業員が閉じ込められながらも、69日後に全世界が見守るなか全員が無事に救出された事故を映画化するもの。「ブラック・スワン」などのプロデューサー、マイク・メダボイが救出された作業員33人の人生体験の映画化権を獲得している。
アントニオ・バンデラスが、明るいムードメーカーで、地下の様子をビデオにおさめて地上に送っていた“スーパーマリオ”ことマリオ・セプルベダさん役で主演する。当初、ジェニファー・ロペスの出演が予定されていたが、スケジュール上の都合で降板しており、ビノシュはロペスが演じる予定だった「強い女性」役での起用だという。
ほか、マーティン・シーン、ジェームズ・ブローリン、ルー・ダイアモンド・フィリップスらが出演。「モーターサイクル・ダイアリーズ」のホセ・リベーラが作業員や家族、救出にあたった人々との対話を通して脚本を執筆。メキシコ出身の女性監督パトリシア・リゲンがメガホンをとる。(引用元 http://eiga.com/news/20131210/10/)

美しい・・・・
あ、こんな事件も映画化するんですねー。ハリウッドの企画力の無さは、いかがなものか!(もっともらしいことを言ってみる)
強い女性役としてのビノシュ!最高ですね!老けてもなお美しい!
願わくばこのような女性に筆おろしされたかった!本当に大好き!
ビノシュ目当てで観に行きますよ!

そういえば、この雑文を並べたブログもどうやら毎日50人ほどの方が見てくださっているようで、感謝感謝です。
そりゃ“有名ブロガー”の方々と比べると、屁みたいな数字でしょうが、読んでもらえているということはとても嬉しいです。
他のページも是非読んでください!
そして、今後ともごひいきくださいませ!
ありがとうございます!
ありがとうございます!

広告