11/14〜11/20映画関連ニュースもろもろ

伝説の漫画「寄生獣」を山崎貴監督が2部作で映画化!染谷将太×深津絵里が参戦

20131120-223546.jpg
累計発行部数1100万部を突破する岩明均氏の人気漫画「寄生獣」
が、山崎貴監督(「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」)のメガホンにより、2
部作で実写映画化されることがわかった。同作は、2005年に米ニューライン・シ
ネマが原作権を獲得したため、日本では“手が出せない”企画として伝説化してい
た。しかし今年に入って契約期間が終了したため、日本で数十社による争奪戦が
繰り広げられ、東宝が映画化権を取得した。
「寄生獣」は、月刊アフタヌーン(講談社刊)に1990年1月号~95年2月号に連載
されていたSF漫画で、連載終了から20年近く経った現在も多くのファンから愛さ
れている。ある日、空から飛来した正体不明の生物「パラサイト」が、鼻や耳か
ら人間の頭に侵入、脳に寄生して全身を支配してしまうという設定。主人公の高
校生・泉新一は、右腕に宿ったパラサイト「ミギー」と共生することにより数奇
な運命をたどることになり、ほかの寄生獣たちとの戦いや別れを経験していく。
待望の実写化に際し、原作に深い愛情をもつ日本最高峰の才能が結集。山崎監督
はVFXも兼ね、「探偵はBARにいる」シリーズの古沢良太が脚本を執筆する。そし
て、山崎監督が「キャストは役に憑依できる人たちに集まってもらいました」と
語るように、実力派が顔をそろえた。
主人公・新一に息吹を注ぎ込むのは、映画界から引っ張りだこの新鋭・染谷将
太。漫画の実写化が非常に難しいと語りながらも、「しっかりした骨組みが構築
された漫画を描かせてもらえるとなると世界が広がります。なにが言いたいかと
申しますと、『寄生獣』をおかりして映画表現をすることにとても安心感があり
ます。はなから素晴らしい題材は、誠実に向き合えば向き合うほど、素晴らしく
なると思うのです」とクランクインを心待ちにしている様子だ。
また、第34回モントリオール世界映画祭で「悪人」での熱演が評価され最優秀女
優賞に輝いた深津絵里が、新一が通う高校に教師としてやってくるパラサイト・
田宮良子に扮する。「ステキな金縛り」(11)以来の映画出演となるが、「この
作品にかかわることができて、とても興奮しています。と同時に不安もいっぱい
です。原作があまりにも素晴らしいので……」とコメント。それでも「覚悟を決め
て、監督・スタッフを信頼し、共演者のみなさんとともに、この先待ち受けてい
るであろう過酷な試練と、その先に待っていて欲しい喜びに向かい、原作に敬意
を込めて、ひたすら頑張りたいと思います」と決意をにじませた。
1月からの撮影に備える山崎監督は、原作の連載当初から実写でいつか見てみた
いと思っていたそうで「それを自分たちのチームが手がけることができることに
なって、興奮と恐れと喜びで大変な状態になっています」と話す。原作の放つ色
あせることのない世界観にも触れ、「今も全くその輝きを失っていません。それ
どころか東日本大震災を経た今だからこそ、さらに深みを増しているとさえ言え
ると思います。この作品を通して、自然は、時代は、僕らにどう生きろと語りか
けてきているのかをもう一度見つめ直してみたいと思っています」と意欲をみな
ぎらせている。
なお、新一の同級生で幼なじみのヒロイン・村野里美を「桐島、部活やめるって
よ」「あまちゃん」の橋本愛が演じることも発表された。東宝によれば、映画と
同時にテレビアニメプロジェクトも始動するという。「寄生獣」は、2014年12月にPART1、15年にPART2が全国で公開される。
(引用元 http://eiga.com/news/20131120/1/)

寄生獣、映画化ですか〜。
熱烈なファンじゃないからなのか、まったくワクワクが湧かないなあ。
CGうんぬんの出来よりも、映画を観ている90〜120分程度の時間でミギーに愛着を寄せさせることができるかが映画としての肝になるんじゃないでしょうか・・・じゃなきゃPART2なんて観にいかないよ!
テレビアニメは楽しみ!

「素晴らしき哉、人生!」の続編を製作

20131120-223555.jpg
フランク・キャプラ監督の古典「素晴らしき哉、人生!」の続編企
画が進行中であると、ハリウッド・レポーター紙が報じた。
「素晴らしき哉、人生!」は、不運に見舞われた善良な主人公ジョージ・ベイ
リー(ジェームズ・スチュワート)が、天使の力を借りて自らの存在意義を見い
だす姿を描いた、1946年のファンタジー作品。アメリカでは毎年、クリスマス
シーズンにテレビ放送が行われる傑作だ。
現在、フロリダにあるスター・パートナーズと、ナッシュビルにあるハミング
バード・プロダクションは、「It’s a Wonderful Life: The Rest of the
Story」というタイトルで続編の準備を開始。その後のベイリー家を描く内容
で、オリジナル版で主人公の娘のひとり、ズールーを演じたキャロライン・グラ
イムスの出演をすでに取りつけているという。
製作費は2500万ドル程度で、2015年のクリスマスシーズンの公開を目指している
という。
(引用元 http://eiga.com/news/20131120/6/)

リメイク?!
もっと過去の大大大大名作はもう少し大切にしてほしい。
それにしても、アメリカ映画界、そこまでしないと企画通らないのか・・・
いやはや、彼女もしくは奥さん(居れば)とクリスマス前に観たい映画ベスト1ですね!

ニコラス・W・レフン監督、新作は「アシッド映画」 R・ゴズリングの近況も明かす

20131120-223609.jpg
カンヌ映画祭監督賞受賞作「ドライヴ」のニコラス・ウィンディン
グ・レフン監督とライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ、新作「オン
リー・ゴッド」の日本公開にあたり、レフン監督が来日。高橋ヨシキ氏、柳下毅
一郎氏とともに11月19日、都内の劇場で行われたティーチインに参加した。
映画はバンコクでボクシングクラブを経営するジュリアンの兄がある日惨殺さ
れ、母親の命令で復しゅうに乗り出すが、元警官で神を自称する謎の男チャンが
立ちはだかる。血で血を洗う激しい抗争と主人公と母親の歪んだ親子関係を洗練
された映像美で描いた。
レフン監督は本作について「まだ見ていない人には説明するのが難しいので、メ
タファーを用いますが、『ドライヴ』は質のいいコカインを吸っているような映
画、今回はアシッド映画です」と独特の表現で紹介。「僕が定義するいい映画
は、幾分か涙と笑いがあって、たくさん暴力があってセックスがあって、変なこ
とが起き、そして良いエンディングを迎えるもの。目の肥えた観客の想像力をか
きたてなければ満足していただけないと思うし、作り手側にも新たな発見のある
映画でなければいけない」と映画に対する持論を語る。
これまでの作品の特徴として、80年代の色調やアメリカ映画からの影響があるの
ではと問われると「コントラストのある色を使うのは、僕が色盲なので、補色を
使わなければ見えないのです」と明言。今作で赤を主軸にしたのは「現実とは異
質の世界をつくるため。主人公が天国と地獄の間をさまようように表現したかっ
たため」と説明した。
キャスティングについて、「ドライヴ」に続いて主演に起用したゴズリングを
「彼は自分の限界に挑戦するのが好きな俳優」だと評価し、「数週間前にLAで
会ったときに、『早く新作を一緒に作らせてくれ、今度はしゃべらせてくれ』と
言っていました(笑)」と近況を明かす。「ヴァルハラ・ライジング」のマッ
ツ・ミケルセンとゴズリングの今後の共演の可能性は「できればいいと思うけ
ど、マッツがやきもちやきだから、どうだろうね」と難しいようだ。
今作はアレハンドロ・ホドロフスキー監督に捧げられている。「非常に面白い方
で、僕にとってのインスピレーション。映画を使ってどういうことができるか示
してくれる方です。『エル・トポ』は元祖モダンポップシネマと言えます。私が
映画を作る時は必ず彼を訪れてタロットで読んでもらいます」と奇才との交流に
ついて話し、ホドロフスキー原作、メビウスによる伝説的漫画「アンカル」の映
画化を相談していることも明かした。
「オンリー・ゴッド」は2013年1月25日から全国公開。(引用元
http://eiga.com/news/20131120/8/)

映画秘宝を読んでいる限り、そこまで良作っぽくないので、期待半分不安半分だけど「アシッド」というワードに期待度UP!

今年度BESTアシッド作品は、Chance the rapper「Acid rap」、レフンの『オンリーゴッド』どっちだ!

クロエ・モレッツちゃんが自転車に乗る姿がキュートな最新主演作のスーパーナチュラルな青春映画「イフ・アイ・ステイ」のセット・フォト

20131120-223618.jpg女の子が元気に自転車に乗るという、それだけで、いかにも青春映
画っぽいシチュエーションに、グッときて、ちょっと切なくなる人にはたまらな
いクロエ・モレッツちゃん最新主演作のスーパーナチュラルな青春映画「イフ・
アイ・ステイ」のセット・フォトです…!!、クロエ・モレッツちゃんが背中に
楽器のチェロを背負っているのは、音楽の才能に恵まれた主人公の17歳の少女ミ
アが演奏家を目指しているという設定だからです!!、クロエ・モレッツちゃん
自身も今夏7月半ばから、チェロの特訓に取り組んだ「イフ・アイ・ステイ」の
公開日は未定ですが、来年2014年中には封切りの見込みです…!!
(引用元 http://cia-film.blogspot.jp/2013/11/movie-news-tidbits-vstvand-
more.html)

やっぱ、クロエちゃんはこうじゃなきゃ!
かわいい姿をたくさん見られたら嬉しいです、はい。

広告